要約ブログ Written by wakuraku

【2023年】心が軽くなる本ランキング / 要約ブログ【40選】

読書ノウハウ

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩める男性「心が軽くなる本を知りたいなぁ…?」

当記事では、上記の疑問を解決します。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でAudibleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


筆者
要約ブロガー
わくらく
wakuraku

プロフィール
どうも「わくらく」です。大した人間ではないですが、ちょこっと自己紹介します。プライム上場企業営業で一位になり、最速昇進サラリーマンを謳歌し、今は時価総額1,000億円超えの企業に転職しました。この成果が残せたのは、控えめに言って読書のおかげだと思っており、その恩恵を多くの人に届けたいという思いから、本サイトを運営しております。そのため今は、サラリーマンの傍ら、影でこっそりブログ更新をする日々を送っております。Twitterはこちら»もっと詳しい自己紹介はこちら»

目次

心が軽くなる本 ランキング

心が軽くなる本 ランキング

1位:アラビアのロレンス


本書の評価
総合点





 (4.5)

メンタルケア





 (4.5)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (4.5)

悩める男性「自分を見つめ直したいんだ。でも何を読んだらいいかわからないんだよね。」

「アラビアのロレンス」は、一人の男性が逆境を乗り越えて成長する様子を描いた物語です。心の深い部分に触れ、自分自身を見つめ直すきっかけを提供してくれます。また、描写の美しさは読者を魅了し、何度も読み返したくなるほどです。この本は、心が軽くなるだけでなく、自分自身の内面と向き合うことで、新たな視点を提供してくれます。

例えば

    主人公が困難を乗り越えていく過程を通して、読者自身も自己を見つめ直し、生き方について深く考える機会を得ることができます。

わくらく(筆者)「”アラビアのロレンス”は自己探求の旅へと読者を誘ってくれる一冊だよ。絶対に読んでみてね!」

2位:かがみの孤城


本書の評価
総合点





 (4.5)

メンタルケア





 (4.5)

読みやすさ





 (4.5)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「最近、心が重くて……。何か心を癒してくれる本はないかな?」

「かがみの孤城」は、読む人の心を癒し、また深い思索を促す物語です。孤独と友情、成長と変化、それらが織り成すドラマが心に深く刺さります。この本を読むことで、日常の中に潜む小さな喜びや悲しみを改めて感じることができ、心が軽くなることでしょう。

例えば

    主人公が経験する孤独感や友情の力は、読者自身の感情に共感を覚えることができ、自分だけではないと思い知ることができます。

わくらく(筆者)「”かがみの孤城”は心を深く癒してくれる作品だよ。きっと読後感はすっきりするはずだよ!」

3位:星の王子さま

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.5)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「心の中に何か温かいものを感じたいんだ。」

「星の王子さま」は、その繊細な描写と温かなメッセージで読者の心を満たします。物語は子ども向けに書かれているように思えますが、その中には深い哲学と人間の本質についての洞察が詰まっています。この本を読むことで、心が軽くなるだけでなく、人生とは何か、幸せとは何かについて改めて考える機会を得ることができます。

例えば

    「星の王子さま」の主人公が体験する旅を通して、読者自身も自分の心の旅を再発見し、温かな気持ちを再認識することができます。

わくらく(筆者)「”星の王子さま”は心に深く響くメッセージが詰まってるよ。君の心を満たしてくれるはずだよ!」

4位:風立ちぬ

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.0)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (4.0)

悩める男性「夢を追い求める勇気が欲しいんだ。」

「風立ちぬ」は、夢を追い求める主人公の物語です。その物語は、読者に自分の夢を追い求める勇気を与え、挫折を乗り越える力を与えてくれます。その勇気と力は、心が軽くなると同時に、夢を追い求める行動を促すことでしょう。

例えば

    「風立ちぬ」の主人公が体験する試練と成功は、読者自身も自分の夢を追い求め、困難を乗り越える勇気を得ることができます。

わくらく(筆者)「”風立ちぬ”は夢を追い求める勇気を与えてくれる一冊だよ。君も夢を追い求める旅を始めてみてはどうだろう?」

5位:ハリー・ポッターと賢者の石

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.0)

読みやすさ





 (4.5)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「日常から離れて、別世界へ飛び込みたいんだ。」

「ハリー・ポッターと賢者の石」は、現実から離れて別世界に飛び込むことができる作品です。その物語は魔法と冒険に満ちており、読者を現実の世界から離れさせ、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「ハリー・ポッターと賢者の石」の魔法の世界に飛び込むことで、読者自身も現実を忘れて心を軽くする体験をすることができます。

わくらく(筆者)「”ハリー・ポッターと賢者の石”は別世界への扉を開く一冊だよ。日常を忘れて、冒険の旅に出かけよう!」

6位:君の膵臓を食べたい

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.0)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (4.0)

悩める男性「人間の命の尊さを改めて感じたいんだ。」

「君の膵臓を食べたい」は、人間の命の尊さを感じられる作品です。物語の中に描かれている主人公たちの命と向き合う姿は、読者に命の尊さを感じさせ、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「君の膵臓を食べたい」の主人公たちが体験する人生の限りない尊さとは、読者自身も命の尊さを感じて心が軽くなる体験をすることができます。

わくらく(筆者)「”君の膵臓を食べたい”は人間の命の尊さを再確認する一冊だよ。一度読んで、命の大切さを感じてみてはどう?」

7位:ノルウェイの森

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.0)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (4.0)

悩める男性「失恋の悲しみから立ち直りたいんだ。」

「ノルウェイの森」は、失恋の悲しみから立ち直ることをテーマにした作品です。主人公の恋愛とその後の成長を描くことで、読者に失恋からの立ち直り方を示し、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「ノルウェイの森」の主人公が失恋の悲しみから立ち直る過程を通じて、読者自身も失恋の悲しみから立ち直るヒントを得ることができます。

わくらく(筆者)「”ノルウェイの森”は失恋から立ち直るための一冊だよ。一度読んで、失恋の悲しみを乗り越える力をつけてみてはどう?」

8位:悲しみよこんにちは

本書の評価
総合点





 (4.0)

メンタルケア





 (4.0)

読みやすさ





 (4.0)

コスパ





 (4.0)

悩める男性「悲しみを受け入れて前に進みたいんだ。」

「悲しみよこんにちは」は、悲しみを受け入れることで前に進むことをテーマにした作品です。主人公の悲しみとその受け入れ方を描くことで、読者に悲しみの受け入れ方を示し、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「悲しみよこんにちは」の主人公が悲しみを受け入れて前に進む過程を通じて、読者自身も悲しみを受け入れて前に進む方法を学ぶことができます。

わくらく(筆者)「”悲しみよこんにちは”は悲しみを受け入れて前に進むための一冊だよ。一度読んで、悲しみとどう向き合うべきかを考えてみてはどう?」

9位:となりのトトロ

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.5)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「日常の小さな喜びを見つけたいんだ。」

「となりのトトロ」は、日常の小さな喜びを見つけることをテーマにした作品です。主人公たちの日常の中で見つけた小さな喜びを描くことで、読者に日常の小さな喜びの見つけ方を示し、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「となりのトトロ」の主人公たちが日常の中で見つけた小さな喜びを通じて、読者自身も日常の小さな喜びを見つけるヒントを得ることができます。

わくらく(筆者)「”となりのトトロ”は日常の小さな喜びを見つけるための一冊だよ。一度読んで、日常生活をもっと豊かにする方法を探してみてはどう?」

10位:きみが見つける物語

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.5)

読みやすさ





 (3.5)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「自分自身を見つめ直したいんだ。」

「きみが見つける物語」は、自己探求をテーマにした作品です。主人公たちの自己探求の旅を描くことで、読者に自己探求のヒントを示し、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「きみが見つける物語」の主人公たちが自己探求の過程を通じて、読者自身も自分自身を見つめ直すヒントを得ることができます。

わくらく(筆者)「”きみが見つける物語”は自己探求のための一冊だよ。一度読んで、自分自身を見つめ直す方法を探してみてはどう?」

11位:海辺のカフカ

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.5)

読みやすさ





 (3.5)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「自分の内面を深く探究したいんだ。」

「海辺のカフカ」は、内面の探究をテーマにした作品です。主人公の内面探究の旅を描くことで、読者に自己探求のヒントを示し、心が軽くなる体験を提供します。

例えば

    「海辺のカフカ」の主人公が内面探究の過程を通じて、読者自身も自分自身を深く見つめ直すヒントを得ることができます。

わくらく(筆者)「”海辺のカフカ”は内面探究のための一冊だよ。一度読んで、自分自身を深く見つめ直す方法を探してみてはどう?」

12位:ナルニア国物語

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.5)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「どこか別世界に逃げ出したいような気持ちだ。」

「ナルニア国物語」は、別世界での冒険を描くファンタジー作品で、読者に現実逃避と同時に自己探求のきっかけを提供します。

例えば

    「ナルニア国物語」の主人公たちがナルニア国での冒険を通じて、読者自身も現実から一時的に逃れる機会を得ることができます。

わくらく(筆者)「”ナルニア国物語”は別世界への冒険のための一冊だよ。一度読んで、現実逃避と同時に新たな視点を見つけてみてはどう?」

13位:猫の事務所

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.5)

読みやすさ





 (3.5)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「疲れていて、ほっとしたいんだ。」

「猫の事務所」は、愛らしいキャラクターと温かいストーリーが、心地よい安らぎを提供します。疲れた心には、ゆったりとした時間と共に進行する物語が心地よい休息をもたらします。

例えば

    「猫の事務所」を読むことで、読者自身も一息つき、日々の疲れを和らげることができます。

わくらく(筆者)「”猫の事務所”はゆったりと心を癒す一冊だよ。疲れているときに読んでみて、安らぎの時間を過ごしてみてはどう?」

14位:ぼくは明日、昨日のきみとデートする

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.5)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「現実から少し逃避したいんだ。」

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、現実から逃避することで心のリフレッシュを図ることができる作品です。

例えば

    「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を読むことで、日々のストレスから一時的に解放され、心のリフレッシュを図ることが可能です。

わくらく(筆者)「”ぼくは明日、昨日のきみとデートする”は現実から一時的に解放されるための一冊だよ。試してみて、心のリフレッシュを体験してみてはどう?」

15位:人間失格

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「人間の苦悩について理解したいんだ。」

「人間失格」は、人間の苦悩や葛藤について深く描かれており、読むことで人間の痛みや苦しみを理解する機会を提供します。

例えば

    「人間失格」を通じて、人間の生きる苦しみや葛藤を深く理解することができます。具体的な痛みや苦しみを体験することなく、人間の複雑な感情や苦悩について深く理解を深めることが可能です。

わくらく(筆者)「”人間失格”は人間の苦悩を理解するための一冊だよ。一読して、人間の痛みや苦しみについて深く考えてみてはどう?」

16位:罪と罰

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「人間の罪と罰について考えたいんだ。」

「罪と罰」は、人間の罪とそれに対する罰について深く掘り下げた作品です。自身の行いについて深く反省し、倫理的な視点から考える機会を提供します。

例えば

    「罪と罰」を読むことで、自身の行動や判断についてより深く考え、人間の罪と罰についての深い理解を得ることができます。

わくらく(筆者)「”罪と罰”は人間の罪と罰を深く掘り下げた一冊だよ。試してみて、自分自身の行いについて深く考えてみてはどう?」

17位:戦場のピアニスト

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (2.0)

コスパ





 (4.0)

悩める男性「戦争の恐ろしさや人間の耐久性について知りたいんだ。」

「戦場のピアニスト」は、戦争の恐ろしさと人間の耐久性について描かれた作品です。戦争が人間の心に及ぼす影響や、どのようにして人間が困難を乗り越えていくのかについて深く学ぶことができます。

例えば

    この作品を通じて、戦争の恐ろしさや人間の強さについての理解を深めることができます。主人公の経験を通じて、困難な状況でも人間の精神力がどのように働くのかを学ぶことができます。

わくらく(筆者)「”戦場のピアニスト”は、戦争の恐怖と人間の強さを描いた一冊だよ。読んでみて、戦争の影響や人間の耐久性について考えてみてはどう?」

18位:アンネの日記

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「歴史的な出来事や人間の生き様について知りたいんだ。」

「アンネの日記」は、第二次世界大戦中のホロコーストを生き抜いた少女アンネ・フランクの日記で、戦争の恐怖と人間の生き様を描き出しています。歴史的な出来事と人間の営みの両方について深く考察する機会を提供します。

例えば

    「アンネの日記」は、歴史的な出来事を通じて人間の生き様を学ぶことができます。特に、アンネ自身の戦争の中での生活や思考を通じて、人間の生き方や歴史について深い洞察を得ることができます。

わくらく(筆者)「”アンネの日記”は、歴史的な出来事と人間の生き様を深く掘り下げた一冊だよ。読んでみて、人間の生き方や歴史について深く考えてみてはどう?」

19位:天空の城ラピュタ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「冒険や人間の可能性について知りたいんだ。」

「天空の城ラピュタ」は、冒険や人間の可能性をテーマに描いた作品です。主人公たちの大冒険を通じて、自分自身の可能性について考えるきっかけを提供します。

例えば

    「天空の城ラピュタ」を読むことで、自分自身の可能性や人間の冒険心について考えることができます。主人公たちが困難を乗り越えて目的を達成する姿を通じて、自分自身の可能性について考えることができます。

わくらく(筆者)「”天空の城ラピュタ”は、冒険と可能性に溢れた一冊だよ。読んでみて、自分自身の可能性や冒険心について考えてみてはどう?」

20位:魔女の宅急便

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「自分を信じて前に進む勇気を持つためのヒントが欲しいんだ。」

「魔女の宅急便」は、自分自身を信じて前に進む勇気をテーマにした物語です。主人公キキの自立への旅を通じて、自分を信じて前に進む勇気について考える機会を提供します。

例えば

    「魔女の宅急便」を読むと、主人公キキが自分の力を信じて前に進む様子から勇気を得ることができます。特に、彼女が困難を乗り越えて自立していく姿は、読者自身が自分を信じて前に進む勇気を持つためのヒントになるでしょう。

わくらく(筆者)「”魔女の宅急便”は、自分を信じて前に進む勇気について考えるための一冊だよ。読んでみて、自分を信じて行動する勇気について考えてみてはどう?」

21位:風の谷のナウシカ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「自然との共生や人間の生き方について考えたい。」

「風の谷のナウシカ」は、自然との共生や人間の生き方について深く掘り下げた作品です。主人公ナウシカの冒険を通じて、自然と人間の関係や理想的な生き方について考えるきっかけを提供します。

例えば

    「風の谷のナウシカ」を読むと、自然との共生や人間の生き方について考えることができます。特に、主人公ナウシカが自然との調和を目指す姿は、自然環境との関わり方や人間の生き方について考えるきっかけになります。

わくらく(筆者)「”風の谷のナウシカ”は、自然との共生や人間の生き方について考えるための一冊だよ。読んでみて、自然と人間の関係や自身の生き方について考えてみてはどう?」

22位:銀河鉄道の夜

本書の評価
総合点





 (3.5)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「人生の意義や価値について、もっと深く考えたいんだ。」

「銀河鉄道の夜」は、人生の意義や価値について深く考えさせる物語です。主人公ジョバンニとカムパネルラの冒険を通じて、生きることの意味や価値について考える機会を提供します。

例えば

    「銀河鉄道の夜」を読むと、主人公たちが遭遇する様々な経験から、人生の意義や価値について考えることができます。特に、彼らが見た夜空の星々の美しさや、旅を通じて得た様々な体験は、人生の意義や価値について考えるきっかけになるでしょう。

わくらく(筆者)「”銀河鉄道の夜”は、人生の意義や価値について考えるための一冊だよ。読んでみて、自分自身の人生について考えてみてはどう?」

23位:名探偵ホームズ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「頭を使って楽しく時間を過ごしたいんだけど、何かいい本はないかな?」

「名探偵ホームズ」は、ミステリーと推理が融合したエンターテイメント作品です。ホームズの鋭い観察力と推理力を通じて、読者も一緒に事件解決を目指します。

例えば

    「名探偵ホームズ」を読むと、ホームズとワトソンが事件を解決する過程を追体験できます。彼らの洞察力と推理力によって次々と解明される事件は、読者の頭脳を刺激し、楽しみながら時間を過ごすことができます。

わくらく(筆者)「”名探偵ホームズ”は、頭を使って楽しく時間を過ごすための一冊だよ。ホームズの冒険を追いながら、一緒に事件を解決してみてはどう?」

24位:太宰治全集

本書の評価
総合点





 (2.5)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (2.5)

コスパ





 (2.5)

悩める男性「太宰治の作品ってすごいとは聞くけど、読むのは難しそうだな…」

「太宰治全集」は、太宰治の全作品を集めた一冊です。その中には「人間失格」や「走れメロス」など、人間の生き方や価値観について深く問いかける作品が多数含まれています。しかし、言葉遣いが古いため、読むのには多少の難しさがあるかもしれません。

例えば

    「人間失格」は、人間の弱さや不完全さを描いた太宰治の代表作で、自己の存在価値について深く問いかけます。しかし、太宰治の古い言葉遣いや抽象的な表現は、初めて読む人にとっては少し難しいかもしれません。

わくらく(筆者)「”太宰治全集”は、言葉遣いが少し難しいかもしれないけど、人間の生き方や価値観について深く考える機会を提供してくれるよ。一度挑戦してみてはどうだろう?」

25位:鋼の錬金術師

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「マンガもいいよね。特に深いテーマを扱ってる作品が好きなんだ。」

「鋼の錬金術師」は、深いテーマを扱いつつも、マンガとして楽しむことができる作品です。哲学や倫理、人間の弱さなどを描いており、深く考えさせられるエピソードがたくさん含まれています。

例えば

    物語の中で、主人公たちは「等価交換」という法則を通じて、物事のバランスや人間の欲望の危険性を学びます。この深遠なテーマは、読者にとっても自己理解のきっかけとなるでしょう。

わくらく(筆者)「”鋼の錬金術師”は、深いテーマを楽しみながら考えることができるマンガだよ。等価交換の法則を通じて、人生のバランスについて学ぶことができるんだ!」

26位:東京タワー

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「生き方について深く考えさせられる本が読みたいな。」

「東京タワー」は、生き方について深く考えさせる作品です。母親と息子の絆を描きながら、人生の選択や価値観、家族愛について深く描かれています。

例えば

    主人公が母親の看病を通じて見つめ直す自分自身や家族への愛情、そこから生まれる新たな生き方の模索が、読者にとっても自己理解のきっかけとなるでしょう。

わくらく(筆者)「”東京タワー”は、生き方を深く考えるための良書だよ。家族愛を通じて、自分自身や人生の価値について見つめ直す機会を与えてくれるんだ!」

27位:こころ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「時々、人間の心の奥深さについて考えてみたいんだ。」

夏目漱石の「こころ」は、人間の心の奥深さを描いた作品です。登場人物たちの内面や葛藤を通じて、人間心理の深淵を探ることができます。

例えば

    「こころ」の中では、友情や愛情、自己の存在など、人間の心の複雑さを巧みに描いています。その描写は読者自身の心情や感情にも共感を呼び、自己理解を深めるきっかけとなるでしょう。

わくらく(筆者)「”こころ”は、人間の心の奥深さに触れることができる一冊だよ。登場人物たちの内面や葛藤を通じて、自分自身の感情や心情について考える機会を与えてくれるんだ!」

28位:色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「人間関係の複雑さを描いた物語を読みたいんだ。」

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、人間関係の複雑さを描いた物語です。友情、愛情、孤独、希望といった感情を通じて、人間の関係性を深く掘り下げた作品となっています。

例えば

    この物語では、主人公の多崎つくるが過去の友人たちとの関係を再構築しながら、自己の存在や人間関係の難しさを描いています。その描写は読者自身の人間関係や感情について考えるきっかけとなるでしょう。

わくらく(筆者)「”色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年”は、人間関係の複雑さを描いた一冊だよ。過去の友人たちとの関係を再構築しながら、自己の存在や人間関係の難しさについて考える機会を与えてくれるんだ!」

29位:梟の城

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.5)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.5)

悩める男性「歴史小説が好きなんだ。特に戦国時代の話に興味があるんだよね。」

「梟の城」は、戦国時代を舞台にした歴史小説です。真田幸村の活躍を描いており、リアルな戦場の描写や人間ドラマを通じて、当時の日本の社会や文化を知ることができます。

例えば

    「梟の城」では、真田幸村が主人公として活躍し、彼の英雄的な戦闘シーンや策略が描かれています。その中で戦国時代の人々の生活や心情が巧みに描写されており、当時の社会背景を理解することができます。

わくらく(筆者)「”梟の城”は、戦国時代を舞台にした歴史小説だよ。真田幸村の活躍を描いており、リアルな戦場の描写や人間ドラマを通じて、当時の日本の社会や文化に触れることができるんだ!」

30位:コンビニ人間

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「社会に適応できない自分を映し出すような小説を探してるんだ。」

「コンビニ人間」は、社会の一員として適応しにくい主人公が、コンビニエンスストアでの仕事を通じて自己を見つめ直す物語です。一見普通の社会生活が難しい人々の心情を描き出し、読者に共感や理解を求めます。

例えば

    「コンビニ人間」の主人公・古倉恵子は、一般社会になじめず、コンビニエンスストアで働くことで自己を保っています。その彼女の生活や心情を描いたこの物語は、社会に馴染みにくい自分を見つめ直すきっかけを与えてくれます。

わくらく(筆者)「”コンビニ人間”は、社会に適応しにくい主人公が、コンビニエンスストアでの仕事を通じて自己を見つめ直す物語だよ。社会に馴染むことが難しい自分を見つめるきっかけをくれるよ!」

31位:パンダコパンダ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「子供の頃に戻れるような楽しい物語を読みたいな。」

「パンダコパンダ」は、大人も子供も楽しめる物語で、パンダの父子と少女が織り成す家族の絆を描いています。その明るく楽しい世界観は、読者を子供の頃に戻してくれるでしょう。

例えば

    「パンダコパンダ」は、パンダの父子と少女が一緒に暮らす様子を描いた物語です。その楽しくもほのぼのとした日常は、あたかも子供の頃に戻ったような安らぎと楽しさを感じさせてくれます。

わくらく(筆者)「”パンダコパンダ”は、大人も子供も楽しめる物語だよ。明るく楽しい世界観が、あなたを子供の頃に戻してくれるよ!」

32位:ハウルの動く城

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「ファンタジー世界に浸りたいな。」

「ハウルの動く城」は、その名の通り、動く城を舞台に繰り広げられるファンタジーの世界です。読者を魔法と冒険の世界へと誘い、現実逃避を可能にします。

例えば

    「ハウルの動く城」は、魔法使いのハウルと彼の動く城を描いたファンタジー作品で、一風変わった登場人物たちとともに、まるで異世界に迷い込んだかのような感覚を味わうことができます。

わくらく(筆者)「”ハウルの動く城”は、まるで異世界に迷い込んだような感覚を味わえる作品だよ。現実逃避をしたいときにはぴったりだね!」

33位:旅猫リポート

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「ほっこりとした物語を読みたいな。」

「旅猫リポート」は、ほっこりとした感じが心地良い一冊です。猫とその主人の旅を描いたこの物語は、心を癒し、日常の喧噪から一息つくことができます。

例えば

    「旅猫リポート」は、猫のナナと主人のさとうが旅をする物語です。様々な場所を訪れながら彼らが経験すること、出会う人々との交流は、心を穏やかにしてくれます。

わくらく(筆者)「”旅猫リポート”は、日常の喧噪から一息つくのにぴったりの一冊だよ。猫と主人の旅を描いたほっこりとした物語で、心が癒されるよ!」

34位:吾輩は猫である

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「一度でいいから、猫の視点で物事を見てみたいな。」

「吾輩は猫である」は、猫の視点から人間社会を描いた作品で、独特の視点から日常を再評価するきっかけを提供します。

例えば

    「吾輩は猫である」は、主人公の猫が人間たちの行動を観察し、その滑稽さや矛盾をユーモラスに描き出しています。猫の視点からの独特の視界は、読者に新たな視点を提供します。

わくらく(筆者)「”吾輩は猫である”は、猫の視点から人間社会を見ることで、日常を再評価するきっかけを提供してくれる作品だよ。」

35位:アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「哲学的な要素を含んだSF小説が読みたい。」

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は、哲学的な要素を含んだSF小説で、人間と人間らしさ、そして人工知能の意識と存在について深く考えさせられます。

例えば

    「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は、人間と人工知能の間の境界を探求する物語です。この作品を通じて、読者は人間らしさとは何か、そして人工知能が自己意識を持つとはどういうことなのかを考えるきっかけを得ます。

わくらく(筆者)「”アンドロイドは電気羊の夢を見るか?”は、人間と人工知能の境界を探求する哲学的な要素を含んだSF小説だよ。人間らしさとは何か、人工知能が自己意識を持つとはどういうことなのかを考えるきっかけを提供してくれるよ。」

36位:永遠の0

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「勇気が欲しい。」

「永遠の0」は、戦場で自己を見つめ直す青年の物語で、自己犠牲の美学を描き出し、読者に勇気を与えます。

例えば

    「永遠の0」は、特攻隊員であった祖父の生涯を追う孫の視点から描かれた物語で、その中で描かれる祖父の自己犠牲の姿勢は、読者に自己を超える勇気を示してくれます。

わくらく(筆者)「”永遠の0″は、自己犠牲の美学を描き出し、自分を超える勇気を得ることができる作品だよ!」

37位:世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「非現実的な世界を描いた作品を読みたい。」

「ハードボイルド・ワンダーランドとエンド・オブ・ザ・ワールド」は、2つの非現実的な世界を描き出した作品で、読者を異次元の世界へと引き込みます。

例えば

    「ハードボイルド・ワンダーランドとエンド・オブ・ザ・ワールド」は、一つは未来都市、もう一つは閉じた町を舞台にした異次元の物語です。この物語を通じて、読者は非日常的な冒険を楽しむことができます。

わくらく(筆者)「”ハードボイルド・ワンダーランドとエンド・オブ・ザ・ワールド”は、非現実的な世界を描いていて、非日常的な冒険を楽しむことができるよ!」

関連記事
»【あらすじ】「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」をわかりやすく解説します

38位:賢者の孫

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「別世界で生き直したい。」

「賢者の孫」は、別世界で賢者の孫として生まれ変わった主人公の冒険を描いた作品で、人生をやり直す楽しさを提供します。

例えば

    「賢者の孫」は、主人公が別世界で生まれ変わり、賢者の孫として新たな人生を歩む様子を描いています。この物語を通じて、読者は人生をやり直す楽しさや新たな挑戦の面白さを体験することができます。

わくらく(筆者)「”賢者の孫”は、人生をやり直す楽しさを提供してくれる作品だよ!新たな挑戦の面白さを体験できるよ!」

39位:新世界より

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (3.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「未来社会について考えてみたい。」

「新世界より」は、遠未来の社会を描いた作品で、読者に未来社会について考えるきっかけを提供します。

例えば

    「新世界より」は、1000年後の日本を舞台にした物語で、そこでは人間が超能力を持つ社会が描かれています。この物語を通じて、未来の社会や人間の可能性について考えることができます。

わくらく(筆者)「”新世界より”は、未来社会について考えるきっかけを提供してくれる作品だよ!人間の可能性について考えてみよう!」

40位:シンデレラ

本書の評価
総合点





 (3.0)

メンタルケア





 (2.0)

読みやすさ





 (3.0)

コスパ





 (3.0)

悩める男性「心が温まる話が読みたい。」

「シンデレラ」は、世界中で愛される物語で、純粋で優しい心を持つ主人公の幸せを願う心温まるストーリーです。

例えば

    「シンデレラ」は、身分や環境によって厳しい生活を強いられても、優しさを失わずにいる主人公の姿が描かれています。最終的にはその純粋な心が幸せを引き寄せ、読者の心を温めてくれます。

わくらく(筆者)「”シンデレラ”は、純粋で優しい心が幸せを引き寄せる、心温まる物語だよ!」

心が軽くなる本を無料で読む方法

心が軽くなる本を無料で読む方法
今日の疲れた心を癒すための読書。しかし、毎日新しい本を買っていたら、財布が痛むこともあるでしょう。そこで、無料で読書を楽しむ方法を二つご紹介します。

Amazon Audible

悩める男性「忙しいから読書する時間がない…」

そんなあなたにおすすめなのが「Amazon Audible」です。これは、アマゾンが提供するオーディオブックサービスで、読書する時間がないときでも、通勤時間や家事をしながら本を「聴く」ことができます。

わくらく(筆者)「”Amazon Audible”なら、忙しい日常の中でも心地よい読書時間を手に入れることができるよ!」

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でAudibleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


Amazon Kindle

悩める男性「家が本であふれてしまって困っている…」

そんなあなたにピッタリなのが「Amazon Kindle」です。これは電子書籍リーダーで、物理的なスペースを取らずに多くの本を読むことができます。また、Kindle Unlimitedというサービスを利用すれば、一定の月額料金でたくさんの本が読めます。

わくらく(筆者)「”Amazon Kindle”なら、スペースを気にせずに多くの本を楽しむことができるんだ!」

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でKindleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料