要約ブログ Written by wakuraku

【正直に言います】「オーディオブックは意味ない」説はデタラメです / 要約ブログ

読書ノウハウ

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩める男性「オーディオブックって意味ないのかなぁ…?」

当記事では、上記の疑問を解決します。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でAudibleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


筆者
要約ブロガー
わくらく
wakuraku

プロフィール
どうも「わくらく」です。大した人間ではないですが、ちょこっと自己紹介します。プライム上場企業営業で一位になり、最速昇進サラリーマンを謳歌し、今は時価総額1,000億円超えの企業に転職しました。この成果が残せたのは、控えめに言って読書のおかげだと思っており、その恩恵を多くの人に届けたいという思いから、本サイトを運営しております。そのため今は、サラリーマンの傍ら、影でこっそりブログ更新をする日々を送っております。Twitterはこちら»もっと詳しい自己紹介はこちら»

オーディオブックとは

オーディオブックとは

悩める男性「そもそもオーディオブックって何?」

オーディオブックとは、文字通り「音の本」のことを指し、書籍の内容を朗読したものを聞くことができるサービスのことを言います。書籍の内容をプロのナレーターや著者自身が朗読し、それを聞くことで情報を得ることが可能になります。

特徴

オーディオブックの特徴は、他の作業をしながらでも利用できる「ながら」聴きが可能であることと、プロのナレーターによる感情豊かな朗読を楽しむことができることです。特に、通勤時間や料理中など、手や目を使って他の作業をしなければならない時間でも活用できるため、時間効率が大幅にアップします。また、ビジネス書や自己啓発書など、内容が濃密で難解な本も、聴くことで理解が深まる可能性があります。

利用シーン

オーディオブックの利用シーンは多岐に渡ります。例えば、通勤や通学の移動時間、運動中、家事をしている間、リラクゼーションタイムなど、他の活動を行いながらでも耳で情報を吸収できるため、時間を効率的に使いたい方には特におすすめです。また、寝る前の就寝前やリラクゼーションタイムに聴くのも良いでしょう。

オーディオブックが意味ないと言われる理由

オーディオブックが意味ないと言われる理由

悩める男性「でもさ、オーディオブックって意味ないって聞いたことがあるよ。それって本当なの?」

一部の人々からは、「オーディオブックは意味がない」との意見もあります。その主な理由としては、「頭に入らない」「価格がやや高い」「本の種類が少ない」「メモが取りづらい」「読み飛ばすのが不便」などが挙げられます。

理由①:頭に入らない

オーディオブックを聞いていても、なかなか頭に入らないと感じることはあります。その原因としては、集中力が散漫になりやすい「ながら聴き」が一因とされています。しかし、これは聴き方や環境により改善が可能です。目的を持って聞く、適切な音量や速度で聞く、周囲の音を遮断するなど、自分に合った聴き方を見つけることで解消されます。

理由②:価格がやや高い

オーディオブックのサービスは月額制が主流で、一見すると価格が高めに感じるかもしれません。しかし、多くのサービスでは初月無料のキャンペーンを実施しており、まずは無料で試すことができます。また、1冊を複数人で共有したり、常に新しい本を読むというわけではないため、実質のコストはそこまで高くはありません。

理由③:本の種類が少ない

オーディオブックのサービスで提供されている本の種類が、物理的な本や電子書籍に比べて少ないと感じることがあります。しかし、サービスが開始されてから現在までに提供される本の数は急速に増えており、今後も増え続けると考えられます。

理由④:メモが取りづらい

紙の本や電子書籍と違い、オーディオブックは直接メモを取ることが難しいという欠点があります。しかし、多くのオーディオブックアプリには「ブックマーク」や「ふせん」機能が備わっており、重要なポイントを記録しておくことができます。

理由⑤:読み飛ばすのが不便

オーディオブックでは、紙の本のように目で追って読むのではなく、聴く形式なので、一部分を読み飛ばすことが難しいと感じる方もいるかもしれません。しかし、大抵のオーディオブックアプリには「早送り」や「巻き戻し」機能があり、また、各章ごとにジャンプする機能も備わっています。そのため、目次をチェックすれば特定の箇所を探すことも容易になります。

オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリット

悩める男性「それなら、オーディオブックのメリットって何なの?」

オーディオブックには、その特性から生まれるいくつかのメリットがあります。それらのメリットを理解すれば、「オーディオブックは意味ない」という考え方を再評価するきっかけにもなります。

メリット①:無料で読める

多くのオーディオブックサービスでは、初回登録時に無料でいくつかの本を読むことができます。また、月額料金を払うことでアクセスできる本の範囲が広がり、複数の本を読むことができます。実際、サービスによっては数千冊以上の本にアクセス可能で、その中には通常高額な本も含まれています。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でAudibleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


メリット②:目が疲れない

紙の本や電子書籍は、読むためには目を使わなければなりません。しかし、オーディオブックは耳で聞くだけなので、目を酷使することなく情報を得ることができます。これは長時間の読書による目の疲れを防ぐことができ、視力の保護にも繋がります。

メリット③:時間効率が良い

オーディオブックは「ながら」聴きが可能なため、他の作業を行いながらでも情報を得ることができます。これにより、通勤時間や家事の時間など、通常は空き時間となる時間を有効活用することができます。

メリット④:持ち運びが楽チン

オーディオブックはスマートフォンやタブレットなどのデバイスにダウンロードするだけで持ち運びが可能です。これにより、重たい本を持ち運ぶ必要がなくなり、いつでもどこでも好きな時に読むことができます。

メリット⑤:語学学習にも向いている

オーディオブックは外国語の学習にも大いに役立ちます。ネイティブスピーカーが朗読する本を聞くことで、発音やアクセント、自然な表現などを学ぶことができます。

口コミ、評判

口コミ、評判

悩める男性「それなら、他の人たちはどう思ってるの?」

オーディオブックに対する口コミや評判は様々です。一部の人々は、「頭に入らない」「価格が高い」などの理由から否定的な意見を持つ一方で、多くの人々はオーディオブックの便利さや効率性を認めています。ここでは、その具体的な例をいくつか紹介します。

例えば

  • 「通勤中にビジネス書を読むことができ、非常に効率的だと感じています」
  • 「目が疲れることなく読書ができるので、リラクゼーションタイムに最適です」
  • 「新しい言語を学ぶ際に、ネイティブの発音を聞くことができるので役立っています」

効果的な使い方/コツ

効果的な使い方/コツ

悩める男性「そうか、でもやっぱり上手に使うコツがあるんだろう?」

確かに、オーディオブックをより効果的に利用するためには、いくつかのコツがあります。それを抑えることで、より深く理解を深め、有意義な時間を過ごすことが可能になります。

コツ①:倍速で聴く

オーディオブックのアプリには、多くの場合、再生速度を調整する機能があります。初めて聴く時や難易度が高い本を聴く時は、1倍速でじっくりと聞くことをお勧めします。しかし、一度理解した内容を再度聞く時や、比較的理解しやすい内容の本を聞く時は、1.5倍速や2倍速で聴くと、時間をさらに効率的に使うことができます。

コツ②:繰り返し聴く

人間の記憶は、一度聞いただけではなかなか定着しません。そのため、重要な内容や難易度が高い本は、何度も繰り返し聴くことが重要です。これにより、より深く理解し、長期記憶に定着させることができます。

コツ③:絵や図の解説が少ない本を選ぶ

オーディオブックは、文字情報を音声で伝えるため、絵や図を用いた解説が苦手です。そのため、絵や図の解説が少なく、文章だけで内容が理解できる本を選ぶと、よりスムーズに内容を把握することができます。

まとめ:オーディオブックが意味ない説はデタラメ

まとめ:オーディオブックが意味ない説はデタラメ

わくらく(筆者)「要は、オーディオブックの利用方法を知り、適切に利用すれば、全く意味ないなんてことはないんだよ!」

以上の理由から、「オーディオブックは意味ない」という主張は根拠がないと言えます。

オーディオブックは、その便利さと効率性から、今後さらに利用者が増えていくことでしょう。適切な利用方法を知り、自分に合った使い方を見つけることで、読書の新たな可能性を開くことができます。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でAudibleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


合わせて読みたい