要約ブログ Written by wakuraku

【即解決】「読書で疲れる」あなたへ【原因が分かれば怖くない】

読書ノウハウ

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悩める男性「読書が疲れるなぁ…」

当記事では、上記の疑問を解決します。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でKindleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


筆者
要約ブロガー
わくらく
wakuraku

プロフィール
どうも「わくらく」です。大した人間ではないですが、ちょこっと自己紹介します。プライム上場企業営業で一位になり、最速昇進サラリーマンを謳歌し、今は時価総額1,000億円超えの企業に転職しました。この成果が残せたのは、控えめに言って読書のおかげだと思っており、その恩恵を多くの人に届けたいという思いから、本サイトを運営しております。そのため今は、サラリーマンの傍ら、影でこっそりブログ更新をする日々を送っております。Twitterはこちら»もっと詳しい自己紹介はこちら»

読書は疲れる?

読書は疲れる?
 

読書の疲れとは何?

悩める男性「読書って何で疲れるの?」

読書の疲れとは、物理的なものから精神的なものまで多岐にわたります。それぞれの原因と解決法を理解すれば、読書の疲れは軽減できるでしょう。

例えば

    長時間一緒の姿勢で読むことによる身体の疲れ、難解な内容に取り組むことで生じる精神的な疲労、などが考えられます。

わくらく(筆者)「だからこそ、読書疲れを理解し、それに対する対策を立てることが大事なんだよ!」

 

身体面と精神面の2つ

悩める男性「具体的にどんな疲れ方があるの?」

読書疲れは大きく分けて2つ。一つは身体面での疲労、もう一つは精神面での疲労です。

    身体面での疲労は、目の疲れや背中の痛みなど。精神面での疲労は、難易度の高い本を読むことで生じる心的なストレスや、本の内容に興味が持てないことからくる無気力感などです。

わくらく(筆者)「これらの問題を理解すれば、具体的な解決策も見つけられるはずだよ!」

読書疲れの具体例

読書疲れの具体例
 

目の疲れ

悩める男性「目が疲れるんだよね」

目の疲れは、長時間にわたり文字に集中することで生じます。目を休める方法を探すことが重要です。

    一定時間ごとに視線を遠くに移動させたり、目を閉じてリラックスさせることなどが効果的です。

わくらく(筆者)「適度に目を休めることで、目の疲れを防げるんだ!」

 

身体の疲れ

悩める男性「姿勢を保つのが辛い」

読書中に同じ姿勢を保つことは、背中や首に負担を与える可能性があります。こまめに体勢を変えることが肝心です。

例えば

    立って読む、横になって読む、など、体勢をこまめに変えることで、身体への負担を軽減できます。

わくらく(筆者)「適度に体勢を変えることで、身体の疲れを防げるんだよ!」

 

精神の疲れ

悩める男性「難しい本だと精神的にきつい」

難易度が高い本や興味のない内容を読むと、精神的な疲労を感じることがあります。自分の興味や読書の目的に合った選択をすることが大切です。

    興味のあるジャンルから選ぶ、読書の目的を明確にする、などが効果的です。

わくらく(筆者)「自分に合った本を選ぶことで、読書がもっと楽しくなるぞ!」

読書疲れを軽減する方法

読書疲れを軽減する方法
 

身体への対策

悩める男性「体が疲れないようにするには?」

身体への対策としては、定期的な休憩、適切な姿勢、目のケアが有効です。

    1時間に一度は立ち上がって伸びをしたり、読書用の座椅子やクッションを使って適切な姿勢を保つなどが有効です。

わくらく(筆者)「ちょっとした工夫で、体の疲れはぐっと減らせるんだ!」

 

精神への対策

悩める男性「精神的に楽になる方法は?」

精神的な負担を減らすには、読書の目的を明確にし、自分に合った難易度の本を選ぶこと、そして複数の本を並行して読むことが有効です。

例えば

    自分が何のためにその本を読むのかをはっきりさせる、興味のある本や易しい本から読み始めるなどが効果的です。

わくらく(筆者)「自分に合った方法で、精神的な負担を軽減させることができるよ!」

 

環境への対策

悩める男性「読書に最適な環境って?」

読書に最適な環境とは、静かで適度な明るさを持ち、体が楽な状態を保てる場所です。

例えば

    自分の部屋を読書スペースに設定し、適度な照明と快適な座椅子を準備するなどが有効です。

わくらく(筆者)「自分だけの読書空間を作ることで、読書が一段と楽しくなるぞ!」

 

オーディブルで聴く読書

悩める男性「読書を聞くってどういうこと?」

オーディブルは、本を聞く新しい形の読書体験を提供します。音声で内容を聞くことで、目や体への負担を軽減できます。

例えば

    通勤時間や寝る前など、自分の都合に合わせて読書が楽しめます。

よくある注意点

よくある注意点
 

速読の限界

悩める男性「速読って効果あるの?」

速読は時間を節約できる一方、理解度が落ちる可能性があります。そのため、速読と通常の読みを適切に使い分けることが重要です。

例えば

    概要を把握したいときや大量の情報をざっと見るときに速読を、詳細な理解が必要なときには通常の読みを選択するなどが効果的です。

わくらく(筆者)「速読はツールの一つ。上手に使い分けることが大事だよ!」

 

休憩なしで集中出来ない

悩める男性「ずっと読んでると集中力が切れる」

長時間の一気読みは集中力の低下を招きます。一定の間隔で休憩を取ることで、効率的な読書が可能になります。

    25分読んだら5分休憩を取る、などの時間管理法「ポモドーロテクニック」を利用するのが効果的です。

わくらく(筆者)「休憩をうまく取り入れることで、より集中して読書ができるんだよ!」

まとめ:読書疲れは解消できる

まとめ:読書疲れは解消できる

悩める男性「読書疲れ、解消できるんだね」

身体的な疲れ、精神的な疲れ、そして環境など、さまざまな角度から読書疲れを解消する方法は存在します。

\今なら耳で聴く読書が聴き放題!/

無料でKindleを体験してみる»

無料期間中に解約すれば完全無料


合わせて読みたい